女子旅メディアマガジンfrom潮水

こんにちは。

ありがとうございます。

今日もどこかで誰かの誕生日、おめでとうございます。

 

連休中のブログを順番に更新してますが、Nちゃんが続いてしまったので昨日のNちゃんはNみちゃんに変更(笑)

この前はEちゃん続きで、今回はNちゃん続きです・・・なんだかおもしろい!!

去年の年末に泊まりに来てくれて、3月仕事を辞めて時間ができたので1週間くらい来る予定がすぐに仕事が決まり断念、

GWにリベンジと思ったら、またしても来れず・・・今回に至りました。

タロットしてほしい!!と宿泊予約の時からリクエストされてたのに、今回はホロスコープとカラーを薦めた私。

なんだかそんな気がして・・・

 

会社勤めをしてるけど、なぜか会社では浮いた存在になってしまう。他の人と意見が合わないなどの違和感を感じると。

確かに、会社勤め向いてない、独自のやり方で仕事する人、フリーランスの方が向いてる星のもとに生まれてきた彼女。

でもだからと言って、はいそうします。というわけにはいかない。

将来、自分で仕事をするための今は試練、修行だと思って、どんどん社内を改革したらいい。

そして、ストレス発散する場所をちゃんと見つけておく。

1人の時間が必要な人。1日のどこかで自分を癒す、ほめる、受け入れる時間を作ってください。

 

ホロスコープはこんな感じです。

まずは自分に気づくところから。やっぱり~か、えっそうなの私~?かは本人次第。

あとは自分で選んで作ったホロスコープをどう生かしていくかだけです。

私は、だから仕事辞めなさいとは絶対言いません。

辞めないなりの対策があるし、辞めたい人には次何を求めていくかの矛先を少しアドバイスするだけです。

それを決めるのは本人ですから・・・

 

そんな自分に納得したNちゃん、

「昔は黄色とか、オレンジも着てたけど、ここ2.3年くらいは白、グレー、ブルー系ばかり着ています。」と。

ほうほう、じゃあクール系かな?と思いきや、テキスト内の講座中どっちが自分ぽい?と聞くと、

「こっちかな?」と差したのはウォーム系。

でもやっぱり白Tシャツ着てます。

ドレープを当てて、再度どっちがしっくりくるか聞いてみたら、

「こっちかな?」と差したのはクールでした。

私がダイビングから帰ってきて、別の人のホロスコープを見て、部屋の片づけなどバタバタの講座だったからか筋反射に時間がかかりましたが、

 

彼女はクール系のWINTERとSUMMERの半々MIXさんでした。

パステル系は違和感ないそうです。

でもはっきり濃い感じの色を試着すると、店員さんになんか違うかもという反応をされると言ってました。

彼女は、このパステルとはっきりくっきりカラーをうまく組み合わせることによって彼女らしさがより引き出されるのです。

かっこいいシャツのボトムスにはパステル調を、パステル調のワンピの時は、くっきりはっきりカラーのコートを着てほしい。

 

最近恒例写真になってますが、今回私とは真逆の波動のNちゃん、あえて彼女と同じ色をつけてみました。

写真では分かりにくいですが、非常に違和感を感じました。特にルージュは・・・

マスカラもグリーンではなく、ブルーをつけてます。

こんなのつけたことない~と言いつつ、ブルーのマスカラ、彼女にとっては意外とよかったみたい!!

最近特にブルー系が気になるのも潜在的に彼女が求めてた波動なんですね~

 

自分を知って、知らず知らずのうちに内に押し込めてた自分を引き出した彼女の沖縄の旅でした。

ホントはスノーケリングに一緒に行く予定だったけど、あまりにも天気も海も悪いから私は敢えて「止めよう!」とすすめました。

その代わりにガンガラーの谷に行き、自然と触れ合い、雨の沖縄を満喫し、朝一便の飛行機で帰路へ。

 

次回は海に連れていきます。

 

次に会うときの彼女がさらに素敵に輝いていますように・・・

 

 

🌈愛と感謝と光のタロット&ホロスコープ&リライトカラーファシリテーター☆彡

 

 

かず

タロット&ホロスコープ&リライトカラー発見講座随時開催中です。

詳しくはこちら・・・http://www.usumizi.com/tarot

リンパドレナージュご予約受付中

詳しくはこちら・・・http://www.usumizi.com/aboutlymph

ファスティング実践できる宿&講座開催中

詳しくはこちら・・・http://www.usumizi.com/aboutfasting

スノーケル・ダイビング・ライセンス取得コース随時受付しております!!

詳しくはこちら・・・http://www.usumizi.com/divingservice

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。