女子旅メディアマガジンfrom潮水

前回来たのは、台風直撃の時でした。

彼女が泊まる日は暴風域真っただ中になる予定だったので、きっと飛行機飛ばないだろうと思っていたら、

「前泊してます」とのことで、台風の目に入ったかの時間帯に急いでチェックインしに来たことを覚えています。

その日帰れなかった彼女も一緒に泊まることになり、

同じように前泊してた人もその時間にチェックインしに来て、

前の日から泊まってるゲストと昼からどこにも出かけられずリビングルームでゆんたくしました。

そのうちの彼女がまた沖縄に来てくれました。

今回の目的:

1.前回行けなかった久高島に行くこと

2.泳げないけどダイビングに挑戦すること

でした。

久高島は2日目に、ダイビングは3日目に行くことにしました。

久高島の日は天気がよくて、ダイビング日は雨マークでしたのでちょうどよかった。

無事久高島に行けて、天気も恵まれてよかった~と、さあ、次の目的へ・・・

 

ダイビングでの目的は

「魚とサンゴにあいさつをすること!!」でした。

娘さんに、「サンゴによろしく!」と言われたそうです。

 

実は、今回彼女は下まで潜ることができませんでした。

顔をつけて呼吸することにもかなり抵抗がありまして、ならばそのままスノーケリングの形をとりました。

ほんの少しだけど、水面に顔をつけて、魚とサンゴがあることを確認してくれました。

 

久高島がすごくよくて、次の日は辛くて、この経験は彼女にとって何を意味するか聞いてみました。

そしたら、

今までの彼女は、泳げないから、沖縄に来ても海で泳ごう、ましてやダイビングしようなんて発想もなかったそうです。

友達にもびっくりされるほど!!

しかし、今回は

「平成最後の誕生日を数日後に控え、令和に変わる前に、考えもつかなかったことをやってみよう!!」と思ったそうです。

うまくいかなかったけど、チャレンジしようと試みたことが大きかったって。

 

これを読んで、

「やっぱりダイビングするのやめよ」と思う人いるかもしれない。

次、彼女の選択肢にダイビングが入るか分からない。

それは、すべて本人が決めること。

「どうせできないし、」と決めつけるのはよくないと彼女はまずやってみようと試みた。

そこに私はすごく称賛したので、あえて書いてみました。

でも、もしも次またやってみたいと言ってくれたら、次はスノーケルから、足の着くところから行ってみようね~!!

 

そして、彼女はタロットもしてくれました。

令和に向けて・・・

0愚者

先はどうなってるか分からない。でも、1歩踏み出してみなければ分からない!!

今回のダイビングがまさしくそうでしたね~

もうけして若くないから、若気の至り的な無謀な行動はないにせよ、逆にどんどん消極的になっていく。

こんなことできるわけない!!

もう年だし・・・

そんな理由並べる前にまずはやってみな!!

ただ、多少は慎重に計画的に、そこは大人なので自分の体力も十分重視して、

やりたいことへの1歩を怯えないで

 

平成最後の誕生日を迎えて、早々に令和に変わるこのタイミングにいい旅をしましたね!!

 

最後に、リンパドレナージュも受けてくれました。

 

前回の目的を達成し、本人にはありえない経験をしようと試みたこと、そして令和への課題、

心も体も整えて帰っていきました。

 

帰る時、

玄関で一礼をしてくれた彼女。

まるで参拝して最後鳥居に一礼するかのように・・・

 

なんだかすごく新鮮で、ありがたいな~と思いました。

 

そして、今日はGW前のノーゲストで大掃除をすることができました。

あまり、平成最後とか、令和が始まるという実感がなかった私。

それよりもGWが始まる~の気持ちばかりで・・・

 

こんな時間が持てた宇宙の恩恵に感謝。

心がすーーーっとしています。

 

平成が終わるまであと1週間しかありませんが、その日が来るのを普通に待ちたいと思います。

今日も長い長い文章を最後まで読んでくれてありがとうございます。

みなさんも素敵な平成最後&令和最初のGWをお過ごしください。

 

愛と感謝と光をこめて

 

 

かず

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。