女子旅メディアマガジンfrom潮水

zoster言うんですね、英語で・・・

先週、急に?足が痛くなりました。それも左足だけ。

で、どんな痛みかといいますと・・・

股関節と足首がでーじ硬い私はストレッチしてまして、いつもと違うやり方したからかな?右足は効果あったんだけど、左足だけ妙に痛くて。

それが、確かに股関節周りが痛いけど、ハムストリングス要は太ももの裏側がさするだけで痛い。どんだけ股関節の骨ゆがんだんだろうか・・・神経刺激してるな!

原因知りたいからと、整形外科に行きました。

案の定、骨には異常ありませんでした。しかし、裏側が痛いと言ったら、「坐骨神経痛」と診断。

でも、ここの痛みは腰からかな~とか親身になってくれた整形外科医には感謝しております。

次の日になって、やっぱり坐骨神経痛じゃないんじゃないかと思えて・・・

だって、そんなに座りっぱなしの仕事じゃないし、それより違うと感じたのは、シャワーを浴びた時、お湯が温まる前に足に冷たい水をかけたんです。

そしたら、痛くて。で、温まって普通にシャワーを浴び終わったら妙に左足だけ熱くて・・・

あれれ?脳?とか思ってしまいました。

痛すぎて気づかなかったんですが、おしりと腿の付け根のあたりに少し何かぶつぶつができてて、あせもか?なんて気にもしてなかったんですが、

まさかと思って写真撮ってネットで確認して、違ってたらラッキー、なんでも早期発見!!と皮膚科へ。

「帯状疱疹」と診断されました。

なったということを、報告したかったんではなくて、体からのサインについて。

私のおこなってるリンパマッサージは皮膚のすぐ下のリンパの流れを整えるもの。今回の自分の症状から改めて今まで勉強してた資料を見直してたんです。

そこに、「脳と神経、皮膚は同じ根源」だということが書いてありました。

受精卵から最初に「内胚葉」「中胚葉」「外胚葉」で分裂して、そこからそれぞれから臓器ができていきます。

皮膚は「外胚葉」でできるんですが、他に脳、神経、毛髪、爪も同じ外胚葉からできるんです。

要は、皮膚で感じるものを神経を通して脳が感じる。皮膚のトラブルはどこかのトラブルだと脳が察知する。

さすっても痛いところから神経を疑ったところまではよかったけど、そこで気づいて手を打っていればそこで止まってたかもしれないけど、気づかないままでいるとどんどん皮膚はサインを出し続ける。

たかがにきび、されどにきび。

皮膚は健康のバロメーターですよ~

そして、口から肛門までつながってる消化管の内部って皮膚と同じ。皮膚が触れてる空気を口から吸いこんでるわけですから、胃腸の調子も皮膚がサインをしてくれます。

忙しい毎日を過ごしてるみなさん、一日の終わりにお風呂に入ったときに、歯を磨きながらふっと自分の顔を見た時に、「あれ?なにこれ」と気づいたら自分の体に問いかけてくださいね。

そろそろ治ったかな?と思うと、やっぱりまだ痛いか~( ノД`)シクシク…の繰り返しでもう少し完治までにはかかりそうです。

なんで私が??とか思いました。じゃ、何が悪かったわけ?と探ってみました。

言うほど、忙しかったわけでもストレスを抱えてたわけでもありませんが、仮に自分が気づかないストレスを抱えてたとして、そこに輪をかけてたまたま症状が出始めと同時くらいに入った海がめちゃくちゃ寒くて、(寒さ対策を怠った程度の寒さですよ)自分でもびっくりするくらい足がつりまくりました。

そして次の日に食べたものが激辛で今まで知らないうちにためてたもの+冷え+辛い物の刺激で一気に症状が悪化したというわけです。

いろいろ分かったことが多くて、痛いけどよかったかな?と思えたので、同じような症状出た時に参考になれば・・・と思ってUPしてみました。

水疱瘡にかかったことがある人にはみんなあるウィルスで、ただ出るか出ないかは人それぞれというだけ。誰でもなるものらしいです。

ただ、高齢の方に多いと言われたことが、かなりかなりショックでしたけど・・・

季節の変わり目、梅雨入りして気圧も変化して体調変化が出やすい季節です。

どうか、みなさん自分の体からのサインをキャッチしてあげてくださいね~!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。