女子旅メディアマガジンfrom潮水

最近、タロットカードに興味を持って、宿泊予約と一緒にタロットもしたいです。と言ってくれる人が増えました。

カードの並べ方はいろいろあって、悩みやテーマによってゲストと時間、金額も含めて相談しながら出しています。

今日は、こんなリーディングの仕方もありますというご紹介です。

二者一択です。

例えば、AとBの会社で迷ってる場合などで出すやり方です。

実際に迷ってる方のカードですが、左がA、右がBとします。

正位置である右の会社が断然いい結果です。

手前の1枚は今の状況ですが、何か考えることから避けてます?不安ですねー。誰にも相談できない状況ですね〜

2番目のカードが結果に進むための方法ですが、左はタイミングが合ってないです。今じゃないのかな?それとも何か話し合いが必要かな?右は安定してますね〜。人の前に立って話す仕事なんでしょうか?

最後が結果です。タイミング合わないのに左に決めたら混乱します。どうしても左がいいならタイミングを見計らって不安材料をクリアにしてからがいいです。入ってからでは遅いですよ〜。

右は安定してますからどんどん自分でコントロールして進めるでしょう。

さあ、あなたならどちらの会社を選びますか?決めるのはタロットカードではありません。あなた自身です。

ちなみにこの人はどちらを選んだかといいますと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。